小児科の先生

この間、久々に、子供が調子を悪くして病院に行きました。
うちの子供たちは病院が本当に嫌いみたいで、連れていくのに毎回必死なんです。
夏場なんかは汗だくです(笑)
なので、私も少し病院にいくのは憂鬱なんです・・・・・。

でも、この間はなんだかたくましくなった長男がいました。
全然怖がらなくて、スムーズに病院が終わったんです。
自分で納得するくらいお医者さんに色んな質問をしていました(笑)
「今日は注射するの!?」とか、「苦い薬飲むの!?」とか・・・・・(笑)

何だか、忙しいお医者さんに申し訳ないなって思ったんですが、新しく来た先生はとても丁寧に答えてくれていました。

病院の先生には正直、当たり外れがあると思います。
何をきいても、「はい」か「いいえ」でしか応えない、機械みたいな先生や・・・・。
すごく忙しいからといって、それを全面にだして、貧乏ゆすりして、早口で、早く終わらせたがる先生・・・・。
何にも説明してくれない先生・・・・。
私にも子供が3人います。
引っ越しも何回かしました。

なので、いろんなお医者さんを知っているほうだと思います。

でも、今回お世話になったお医者さんはとても好印象でした。
今風の若いお兄さんっぽいんですが、笑顔で子供目線ではなしてくれていました。
すごく丁寧に病状も教えてくれて、薬の飲み合わせや、特徴とかも教えてくれました。

今までそんないい先生はあまりいなかったので、すごく頼りになりました。
なので、長男も安心して嫌がる事もなく、診察が終わりました。

小児科の先生は、少なくても、子供が好きだから小児科の先生になるんだと思うんです。
なので、子供が行きやすい病院を作ってほしいなって思います。
この前の先生のような優しい先生がもっと増えてほしいなって思いました(笑)

タグ

2013年10月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ