医療関係という選択肢

仕事を選択するとき、私は自分の進む道に医療関係という選択肢はないなと思っています。
なんせ、人の命にかかわること。
ちょっとのミスが重大な事故につながるわけで。
日常生活で凡ミスをおかしてる私のような粗忽者、医療関係に進んだらとんでもないことになるなと思います。
本当にお医者さんや看護師さんはスゴイなと尊敬します。
とはいえ、自分には無理だと思っているゆえか、かっこいいなと思いますね。

プライベートで旅に出た帰りの飛行機の中、客室乗務員が機内に向かって呼びかける。
「どなたか、お客様の中で、お医者様か看護師の方、いらっしゃいませんか!!」
客室乗務員のかたわらには、意識がもうろうとしている急病人。
さっと席を立ち、客室乗務員に声をかける。
「私は医師です」

は~。私は見たことがないのですが、ほんとにこんなことあるんですかねえ。
でも、こういう緊急の場面で、急病人を救うという立場にたつという責任の重みに対してもかっこいいと思いますね。

ますます私には無理ですね。

タグ

2013年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ