私が見てきたひどい看護師

私が以前、看護助手として働いていた病院にいた看護師の話です。
一見元ヤンのような貫禄がある人で周りの看護師からも一目置かれている存在でした。
私たち助手にもあれこれと偉そうに言ってくる人で皆、嫌っていました。

あるとき、認知症の患者さんは「トイレに行きたい」と叫んだのです。
そうするとその看護師は「じゃあそこでしとき」と信じられない言葉を放ちました。
いくら認知症の方とはいえ、人としての尊厳は守られるべきです。
「アンタはオムツがトイレやろ」とも言いました。
こんな看護師は最低だと心底腹が立ちました。

その看護師は、新人看護師に対してもひどいことを言っていました。
「アンタ、ホンマに看護師の資格持ってるん?」「そんな初歩的なことも知らんの?」などと見下げた言い方をするのです。
自分は、休憩時間も好き放題にとっていました。
延長なんて当たり前です。
課長も分かっているはずなのに何も言いません。
煙たい存在だったのでしょう。
何しろ、ほぼ夜勤専属でしたから、少々のことをしていても課長にバレることはありません。
しかしある時、それを見かねた若い患者さんが、課長に告発したのです。
内心皆せいせいしました。
私は今、病院を辞めたので、その看護師さんがどうされているかはまったく分かりません。
出来れば辞めていてほしい、いや看護師自体を辞めていてほしいと心から思います。

お金だけもらえたらそれでいいなんていう考えで、看護師という仕事をしないでほしいからです。
今から思ってもムカッとする話です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ